2016/09/26

空っぽの部屋からは。

wall-handです。

昨日は、神奈川芸術劇場で行われている
塩田千春さんの個展「鍵のかかった部屋」に
行ってきました。

真っ黒なスタジオ。
部屋中に張り巡らされた、赤い毛糸。
その中に立つ、古い木の扉。
天井から吊り下がる、大量の鍵。

一見すると、不安や恐怖を感じる空間ですが、
不思議と安心感や落ち着きがあります。
これは、胎内回帰か、
あるいは秘密基地か。
そんなことを考えたり。

何にせよ、人の感覚にダイレクトに伝わるものって、
いいですね。

本日も、マジックバーGARNETにて、
皆様をお待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿