2016/09/12

消えて亡くなる。

wall-handです。

先日、東京都写真美術館で行われている、
杉本博司の「ロスト・ヒューマン」展に
行ってきました。

この方は、写真を使った作品が有名であり、
国内よりも海外で人気の作家です。
なかなか大規模な展示がされており、
好き嫌いは別れそうですが、
個人的にはとても刺激になりました。

その中でも一番気になったのが、
「廃墟劇場」と呼ばれるシリーズ。
廃墟となった映画館を使って
撮影された写真作品であります。

詳しいコンセプトについては
ここでは割愛させて頂きますが、
もともと廃墟が好きということもあり、
なんだか凄く心に響きました。

どうも私は、
新しいものよりも古いもの、
それも朽ち果てていくものに共感するようです。
私のマジックにも通ずるものがあるような。

本日も、マジックバーGARNET相模原店にて、
皆様をお待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿