2016/05/25

夢をえがいて丸くおおきく

本日は相模原ちょい呑みフェスティバル2日目で、0:00まではちょい呑みのお客様を優先してご案内させていただきますということをしっかり伝えなければならないのですが、それよりも書きたいことがあったので綴らせていただきます、片岡双六でございます。




ガーネットスタッフの指針の一つに「夢は口に出そう」という思想があります。
僕たちは、どんなに小さな夢でも、果てしないような夢でも、ものすごいプライベートなことでも、とにかく自分が叶えたいことはどんどん仲間に伝えていこうというチームです。

夢というのは本当にどんなことでもよく。
マジシャンとして働いている仲間が、たとえマジシャンとは違う道を描いたとしても、それも素敵なことだと思うのです。ガーネットで学んだことはガーネットだけで生かされるべきものでもないですし。
役者になるために学んでたやつもいますし、美容師という道が決まっている上で入店したやつもおります。
そして卒業していったやつは、みんなそれぞれが今の夢に向かって努力していて、口を揃えて「ガーネットで学べてよかった」と言ってくれます。


今月の28日にはそんな仲間たちが僕のイベントのために戻ってきてくれるのです。

これにしても、僕が「叶えたいこと」としてオーナーに相談したところ二つ返事でOKをしてくれ、そしてダメ元で当人たちにお願いしたところ、実現されることになりました。
ありがたや。



  *  *  *  *  *  



先日、僕の友人から挨拶の連絡をいただきました。
「マジシャンになります」って。

僕には、マジシャンの友人は二人だけいると思っていたのですが(ガーネットグループ以外で)、どうやらマジシャンだと思っていたうちの一人はまだマジシャンだったわけではなく、今、マジシャンになったそうです。

"マジシャン"って、資格や免許があるわけではないので、名乗ったもん勝ちなところはあるのですが、それはつまりは自分の意思の問題であって。
企業勤めをしていた彼は今月で仕事を辞め、自分の中で「マジシャン」として人生を懸ける事に決意したと、僕に伝えてくれました。

なんだか、それがすごく嬉しくて。


僕としてはマジシャンだと思っていた彼が、わざわざそんな連絡を入れてくれるというのが。
僕たちは同じグループではないですが、それでも仲間として、ライバルとして向こうも僕のことをしっかり見てくれているのだな、と。
ありがたや。

彼が僕に口に出してくれたことを、僕も友としてしっかり受け止めさせていただきました。共に励んでいこう。




  *  *  *  *  *  




僕の以前働いていた職場では、こんな言葉を学びました。
[人は夢を描くことができるが、それを現実にするのもまた、人の力である。<意訳>]
by Walt Disney

本当にその通りだな、と。つくづく思います。
そしてそれを実現させてくれるのは、自分の力よりも仲間の力の方が大きいとも思います。

店長になりたいとか、海外を旅したいとか、心の中で燻らせているだけでは、おそらく叶わなかったと思いますし。
夢を口に出してきたからこそ、仲間たちが自分のことを応援してくれて、そして実現させてもらえるのだと。

「あんなこといいな、できたらいいな」

僕には四次元ポケットはないですが、是非とも皆さんの夢を聞かせて欲しいと思います。
どんな大きなことでも、どんなささやかなことでも。

本日も、皆様をお待ちしております。
ちなみに僕の夢は....















2 件のコメント:

  1. 相馬一希2016/05/25 17:23

    イベント前、一緒に出勤出来るの、最後ですね!

    夢は口に出そう。
    僕も、その思想で一つ夢が叶いました。
    夢が叶ったと言っても、ゴールではなくやっと自分の中でスタートラインに立った訳ですが!

    熱い話はイベントの時するとして!
    残りの出勤楽しみましょう♪

    返信削除
  2. 「夢は口に出そう」
    これは僕も本当にそうだなと思います!
    最近自分が読んだ本にも同じような事が書いてありました。夢を口に出す事で協力してくれる人やアドバイスをしてくれる人に出会えるかもしれません。口に出さなければそのチャンスすら無駄にしてしまうかもしれません。そう信じてこれからも自分の夢を口に出して生きたいと思います!

    返信削除