2015/02/21

オナラの奇跡

こんばんは!
えんどーまめたです!
緑の奴です!

この前家に彼女と一緒にいた時の話なのですが、

僕は漫画を読んでまして
彼女はヘアスタイルがなんだか気に食わないようでいじっていまして

見てもないテレビがただ流れているだけだったのですが、




その時です!!!




まめた:(オナラしたくなってきた…)


この状況でオナラしたら絶対にばれます!!
どうしよう…!どうしよう…!

音もなく気づかれないようにかますか、はたまた我慢するか、

いやいや!
普段乱れた食生活の僕のオナラは匂いで完全にバレる…
そしてなによりそっちの方が恥ずかしい…

考えろ…考えろ…



ん?待てよ、

あえてしよう…!

もうオナラくらいで別れ話になんてなるはずもない!

僕のオナラをどう捉えるのか
信じよう!
絶対笑ってくれるに決まっている!

そう結論を出し
覚悟を決め、険しい表情で
お腹に力を込めました…


ブー


したぞ!してやったぞ!!


そうです!
したんです!!オナラしたんです!!
するとなんと!


オナラの音が!
自分でもびっくりするぐらい!
iPhoneのバイブの通知音にそっくりだったんです!!

音の高さ。長さ。完璧にバイブ音でした。


そこで僕は素知らぬ顔で自分のiPhoneに手を伸ばし、あたかも返信しているように見せました。

今だに鏡の前で髪をいじる彼女




奇跡!!!!!!!


完全犯罪成功の瞬間でした。
逆転の発想が最高の結果を生んでくれました。みなさんも何か追い込まれ時にはぜひ、違った角度から、見方を変えて考えてみてください。成功への道が見えてくることでしょう。




まめたでしたー(^∇^)

0 件のコメント:

コメントを投稿